カラコンがずれるのには訳がある!気をつけたい5項目!

気付かれたくないのにずれてしまう・・・。がっかりしないための注意点!

左右・裏表、あってますか?

カラコンを毎日着けていても裏表を間違えるということは度々あります。パッと見はよくわからずそのまま着けてしまいがちですが着けると違和感や痛みを感じるかと思います。

まばたきをするとずれている感じもするでしょう。

わかりやすい裏表の見分け方は横から見た時に淵がくっきりではなく薄く、端っこをつまんだ時に、表だとキレイに横に潰れます。裏だといびつに潰れるのでこの方法が一番わかりやすいです。

 

眼球のカーブとカラコンのカーブがずれてませんか?

BC(ベースカーブ)は眼科に行けば性格に測ってもらえます。そうした方が安全で確実です。±2.0がほとんどの方が違和感なく装着できるサイズです。

これはソフトタイプの場合なのでハードタイプの場合も正確に測ってもらうことをオススメします。

ハードはずれている場合、かなりの違和感に気づくはずです。

それで目に傷がついてしまったら元も子もないので自分に合ったサイズを使いましょう。ソフトのBCは種類が少ないのであまり選ぶことができないかもしれません。そんな時は一番自分に合ったサイズを選ぶことが大事です。

あまりにも違うサイズのものを使っていると違和感以外にも目が締め付けられる感覚を感じることがあります。目の健康の為に間違ったサイズは選ばないようにすることが必要です。

 

ドライアイになっていませんか?

ドライアイとは目を守るのに大事な涙の量が不足してたり、涙の質のバランスが崩れることによって表面に傷がつき、涙が均等に行き渡らなくなる目の病気です。高齢化、スマホ・パソコンなどの使用、カラコン・コンタクトレンズの使用によって年々ドライアイの患者さんが増えています。

ドライアイの一般的な治療法は目薬をさすことです。市販のものではなく医師から処方されたものをオススメします。

放っておくと視力低下にも繋がるので気を付けましょう。

 

目の病気を罹患していませんか?

視界が歪んだり、視力が低下したり、視野が部分的に見えにくくなる、見ようとするものが見えない。などと言った症状を訴える人が増えています。

中高年層に多く、特に男性は女性の2倍の発症率になっており、これを黄斑変性症といいます。

近年は若年層にも増えてきているので十分に注意することが大切です。

 

他にも緑内障・結膜炎などいろんな病気がありますが、目の異変に気づいたらそのままにしておかず眼科に行くようにしましょう。

 

そのカラコン、キレイですか?期限は過ぎていませんか?

目を病気から守るには、期限にも気を配ることが大切です。使用期限と保存期限は似てますが、全く意味が違います。

使用期限は開封してからの使用できる期限のことで、保存期限は全く開封していない状態でいつまで保存できるかの期限のことを言います。

もし開封してしまったならワンデータイプのものはすぐに使うようにしましょう。他にも2週間、1か月~1年などいろいろあります。

期限を破ってしまい、大丈夫だろうと思い使ったらカラコンが傷んでしまっているかもしれません。

 

そんな時に傷んだものを使ってしまうと目までもを傷つけてしまう恐れがあります。もったいないという気持ちはわかりますが、使用期限が過ぎてしまったカラコンの使用は控えるようにしましょう。

 

自分でできる、ずれ予防!

目薬

 カラコンがずれる時って目が乾燥してる時が多いんです。必需品ってわけではないので知らない方が多いかもしれませんが、ずれてしまった時は普段使ってる目薬ではなく装着液を使うといいでしょう。

カラコン・コンタクトレンズをしてるとゴロゴロすることや、違和感を感じることが多いかと思います。そんな時に軽減してくれるのが装着液なんです。

 

しっかりと目を休ませる

目の疲れや乾きは避けることができません。乾きは目薬でなんとかできたとしても疲れは目薬でなんとかできるものでもありません。

疲れている時は目を休息させることが必要です。いくらコンタクトをしても疲れで見えにくくなってしまってはどうしようもありませんから。

睡眠を多くとったり目を労わることでドライアイの予防にも繋がります。

 

カラコンのお手入れを欠かさない

ワンデータイプは一日で使い切りますが、その他1か月用などのカラコンはお手入れが必要です。洗浄剤以外の液体は水道水・目薬は洗浄に使わないようにしましょう。

涙にはタンパク質が含まれており、体内で不要な細菌や汚れがついています。汚れを放っておくと角膜に傷をつけてしまう恐れがありますので必ず毎日専用洗浄液で洗うようにしましょう。

 

保存容器も清潔に

カラコンを洗ったケースはそのままにせず天日干しで乾かすのをオススメします。

そのまま濡れたままにしておくと雑菌が繁殖してしまいますので、タオルなどで容器を拭いたりもせず、必ず乾かしてから使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です