カラコンで乱視が矯正できない?噂の真相に迫る!

 

おしゃれを楽しみたいけど乱視が・・・。最近のカラコン事情。

おしゃれも多様化し、カラコンをつけるということも身近なおしゃれという時代になりました。自分も思いっきりおしゃれを楽しみたい!けど乱視でカラコンってつけられるのか、そんな悩みがある方は、ぜひ知ってほしい乱視のカラコン事情です。

 

乱視にも種類がある!あなたはどっち?

乱視には、大きく分けて「正乱視」と「不正乱視」の二種類あります。一般的に多いのは「正乱視」で、目のレンズに歪みが生じて、焦点が一つに絞れない状態のことをいいます。

そもそも目のレンズとは、角膜や水晶体のことをいいますが、これは普通きれいな球面状をしています。コンタクトレンズを想像してもらえればわかりやすいですね。

正乱視の歪みというのはこのきれいな球面がラグビーボールのように楕円状になってしまった状態です。レンズ自体はきれいなままなので矯正もしやすいとされています。

対して「不正乱視」は、病的なものか外傷などが原因でレンズそのものに凹凸があり、メガネやソフトコンタクトレンズでは矯正は難しいのです。

状態によってはハードコンタクトレンズを使い、涙がレンズと凹凸をふさいで矯正できる場合もあります。乱視用のカラコンを使いたいと考えているならば、まずは自分が「正乱視」か「不正乱視」かを知りましょう。

 

乱視用コンタクトレンズはココに注意!

乱視用のコンタクトレンズは、他のものと違ってレンズに上下があります。間違えて装着すると、ゴロゴロしたりクリアに見えなかったりと違和感が生じてしまうのです。

レンズには基本的に、上下がわかるように縁から中心にかけて短い線が入っています。これを取り扱い説明書通りに装着してください。

商品によっては、眼球上で回転しないようにレンズの一部分が厚く作られているものがあります。

これなら、もし間違えて装着してしまった時にも自然と上下が合うように出来ているので、おすすめです。

しかし正しく装着していても、乱視用のコンタクトレンズは厚みがあったり、レンズが大きかったりするので、他のコンタクトレンズより装着感は劣ります。

どうしても違和感が気になる方は、長時間の使用を避けるか、乱視用のメガネに替えるのも一つの手です。おしゃれに気をつかってストレスを感じていては心身ともに良くありません。自分に合ったものを選びましょう。

 

コンタクトレンズを注文する前に眼科にかかろう!

正しく矯正するには、眼科で専門機器を使用した医師による検査が欠かせません。最近ではメガネ屋の店頭でも簡単な検査を受けることはできますが、コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

自己判断で使用していては後で大きく後悔することにもなりかねません。正しく使用されずに障害が生じてしまったり、副作用があったりした場合、健康だけでなく失明や最悪命にも関わる重大な影響を与えるおそれがあります。

自分にあったコンタクトレンズを正しく使い、使用状況を医師とともに確認していくことがとても大切です。目とは一生の付き合いです。

これからも健康的な目で生きていくためには、眼科での検査を受けコンタクトレンズを医師から処方してもらうことが必須となります。

 

カラコンにハードコンタクトレンズが無い理由

今の日本では、カラコンはソフトコンタクトレンズのみの取り扱いだと法律で定められています。そもそもカラコンとはレンズの黒目やその周りに色がついていることで瞳を大きく見せたり色を変えたりすることができます。

ハードコンタクトレンズは、黒目より一回りほど小さい部分にしかレンズがありません。そこに着色したとしても、ほとんど意味がないのです。

なので、日本ではソフトコンタクトレンズのように瞳全体を覆い、着色できるカラコンしか販売されていないのです。

 

 

知っておきたい乱視用カラーコンタクトレンズの豆知識

乱視でもカラコンをこれから使ってみたいと思っている、今まで使っていて感じた疑問、ありますよね。自分の目とおしゃれと向き合っていくために知っておいてほしい乱視用カラコンの豆知識をご紹介します。

 

遠視・近視との両立の限界

近視や遠視は焦点を合わせられる距離を矯正しますが、乱視は距離ではなくピントを合わせる矯正が必要となります。

そのため、乱視用のカラコンは、装着時に回転しないように厚みを変えるなどの工夫がされているなど、乱視の軸の方向に合うような角度にすることを重点的に考えて作られていて、強度の遠視または近視の矯正を伴わないものがほとんどです。

しかし強度の遠視または近視だからと度合いをもっと強くすれば良いというものではなく、それでは目が疲れて頭痛や肩こりなど身体に悪影響が出てしまいます。

また、遠近両用等のコンタクトレンズでも乱視の矯正は難しいため乱視と両立した商品がありません。

そのような場合は片方ずつ異なるレンズをつける方法などがありますが、やはり限界があったり、人によっては合わなかったりがあるため、思い切ってメガネにすることが良いかと思います。

まずは眼科医と相談してみましょう。

 

どうしても回避できない瞬きと視界のズレ

乱視用のコンタクトレンズは、上下があるためズレると視界がぼやけてしまったり違和感が生じたりしてしまいます。

そのため商品によっては部分によって厚さに違いを持たせてレンズが回転しにくい工夫がなされています。

しかし、どんなに回転しにくい設計にしてあっても、まばたきをした時にはまぶたに引っかかるような感じがしたり、ズレて視界がぼやけたりすることは、レンズが厚いのでよくあることなのです。

レンズのカーブがあっていない場合やドライアイなどで目が乾燥している場合もそのようなことが起きます。我慢してつけ続けると気分が悪くなることもありますので、その場合はまず眼科医に相談してください。

コンタクトレンズのメーカーによってレンズを安定させる構造は異なります。人によってレンズとの相性があるので自分に合ったレンズを探すことが大事ですが、メガネにするのが一番安心で楽な方法かもしれません。

 

軸角度が浅い場合

乱視の軸角度は、乱視軸といって、乱視の種類を表しています。眼科でちゃんとした検査をすれば知ることが出来ます。

正乱視は「直乱視」「倒乱視」「斜乱視」の三種類に分けることができ、「直乱視」は目の中の縦方向の屈折が強い乱視で、「倒乱視」は目の中の横方向の屈折が強い乱視で、その他が「斜乱視」といって目の中の斜方向の屈折が強い乱視となります。

これらは「AXIS」「AX」などの表示で0度~180度までの角度で表されます。この角度が浅く10°や20°、160°や170°あたりになると製品がなかなか見つかりません。このような場合は近似値の角度のものを使用するしか方法がありません。

 

乱視の度合いが弱い場合

自分が欲しいと思っているカラコンに乱視用がないこともあります。乱視の度合いが低い場合は、近視用を強くしたり、遠視用を弱くしたりすることで対応できる場合があるので、医師に相談してみましょう。

一般的に乱視度数の半分を近視度数にプラスするのがいいと言われています。ですが、正しい矯正方法とは異なるうえ、近視や遠視が強度の場合は度合いをさらに強くすることで身体に悪影響を及ぼすこともあるのでおすすめはできません。

自己判断で選ぶのではなく眼科で乱視の度合いを正確に知り、医師とともに対応できる方法を探しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です